2014年2月9日日曜日

NHKラジオの英語講座で勉強をするなら、やっぱりラジオで録音するのがいい

このエントリーをはてなブックマークに追加
RF-DR100

radikoに始まり、NHKでも「らじる★らじる」でラジオ放送をネット配信するようになり、またラジオな生活が身近になりました。そんなラジオな日々にたまたまNHK第二で「英語で読む村上春樹」で 『象の消滅 』”The Elephant Vanishes”を聴いてビックリ。「いまどきこんな英語講座もあるんだ」。ちょうど英語の勉強方法について考えていたときでもあったので、NHKラジオの英語講座で英語を勉強するのも悪くないかと色々と聴いてみることにしました。

でも、ラジオ講座って続かないんですよね。テキストを買ったけど3日坊主受講者になってしまったという経験がある人は多いのではないでしょうか。そういう自分もそのひとりでした。安価に始められるので辞めやすいというのもありますが、何より、毎日同じ時間に聴くなんて絶対に無理!

NHKラジオの英語講座を毎日同じ時間に聴かなくてもよくするには、
  • ラジオ講座のCD(ダウンロード券)を購入する
  • ストリーミングを聴く(NHKマイ語学
  • ラジオ放送を録音する
と、いくつかの方法があります。でも「やっぱりラジオだ」と思い、タイマー予約録音できるパナソニックのラジオレコーダー RF-DR100を購入しました。「なぜ今更ラジオなの?」と問われれば「好きだから」としか答えられませんが、結果的には最良の選択でした。最初にタイマー録音の設定さえしてしまえば、空いている時間で録音されている番組をカレンダーから選んで聴くだけです。テキストも Kindleストア でいつでも購入できます。しかもKindle版なら420円のテキストが333円とお得です。(現在は540円のテキストが514円とお得感はなくなりましたが、Kindle版のテキストがリフロー型になって読みやすくなりました。2018.2 追記)あとは、やる気だけです。

NHKの英語講座は優れもの

NHKラジオ英会話ぐらいしか知らなかったのですが、調べてみると初心者から中上級者向けまで幅広いラインナップでカバーされていて、社会人向けの「入門ビジネス英語」「実践ビジネス英語」などもあります。NHKラジオ第二放送では全部で11講座あります。(2018.2 変更)
 
レベル
ラジオ講座
テレビ講座
C1
上級
・実践ビジネス英語
B2 中級
・高校生からはじめる
「現代英語」
B1
中級
・ラジオ英会話
・入門ビジネス英語
・遠山顕の英会話楽

A2
初級
・Enjoy Simple English
・英会話タイムトライアル
・基礎英語3
・おもてなしの基礎英語
A1
初級
・基礎英語2
・基礎英語1
・エイエイGO!
A0
・基礎英語0 ・基礎英語0

NHK語学の英語番組は、国際標準のCEFRによってレベル分け(表 NHK英語講座一覧のA0-C1 ※C2については設定なし)されているので自分のレベルにあった学習をすることができます。NHK英語講座による英語学習のハウツー本も出版されていますので一読されるのもいいかもしれません。


英語の勉強で大切なこと

英語を勉強するときには下記のポイントが欠かせません。
  • 反復(繰り返し)練習
  • 自分のレベルにあっている
  • 持続可能である
英語学習で最も大切なことは、”Listen & Repeat” です。繰り返し聴き、繰り返し口にしなければ語学は身に付きません。タイマー録音できるラジオの良さは、好きな時間に聴けるだけではなく、繰り返し聴くことができることです。

2番目の「自分のレベルにあっている」というのも大切なことです。簡単すぎても、難しすぎても、モチベーションは維持できません。適度に知的好奇心が擽られるレベルでなければなりません。NHKの英語講座では、無料で自分の英語レベルをチェックすることができます(こちら)。先ずは自分の英語レベルを調べて自分のレベルにあった番組を聴いてみましょう。

最後に持続可能であるということですが、録音しておけばいつでも聴くことができます。またテキストも書店に行かなくてもネットでいつでも購入できるので、「あ、忘れた」から、いつの間にかやらなくなってしまうようなことがなくなります。

NHKラジオ講座を反復可能なものにするラジオレコーダー

語学用にタイマー録音できるラジオを探しみると実用的なものは数機種しかありませんでした(2018年2月現在)。据え置き型に近い少し大きめのポータブルラジオには、SONY ポータブルラジオレコーダー ICZ-R250TV Panasonic ラジオレコーダー RF-DR100 があります。BCL時代のソニーのスカイセンサーとナショナル(現パナソニック)のクーガーを彷彿させます。また携帯ラジオでは安定して録音するためにアンテナを付けられるクレードルが付属する OLYMPUS ICレコーダー機能付きラジオ録音機 と Panasonic ICレコーダー RR-RS150 です。SONYからも2014年2月上旬に録音ができる携帯ラジオのポータブルラジオレコーダー「ICZ-R100」が発売されました。(2018.1にSONYはICZ-R100の後継機としてICZ-R110を発売) 

語学学習用の録音できるラジオで欠かせない要素としては5つあります。
  1. ラジオ受信機としての性能
  2. ノイズキャンセリング機能
  3. 自動時計補正機能
  4. 無音で録音できる(録音時に音がでない)
  5. 語学学習用再生機能
1.ラジオ受信機としての性能
Panasonic ラジオレコーダー RF-DR100SONY ポータブルラジオレコーダー ICZ-R250TV であればラジオ受信機としての性能に問題はありません。もちろんAMラジオは、鉄筋作りの建物の場合は電波が反射してしまいますので、室内で受信する場合は鉄筋の隙間となる窓際付近で受信する必要があります。
2.ノイズキャンセリング機能
AMラジオの耳障りなノイズを低減させる機能も必須です。パナソニック RF-DR100 は録音された番組を再生するときにノイズキャンセリング機能が働きます。このためリアルタイムに聴くよりも録音したものを聴いた方がよりクリアに聞こえます。OLYMPUS でも同様に録音時にノイズを軽減させる「ノイズフィルタ」機能が、SONYの機種では再生時にも適用できる「ノイズカット」機能があります。
3.自動時計補正機能
タイマー予約録音を前提としているので時報による時計修正機能は必須です。
4.無音で録音できる(録音時に音が鳴らない)
低価格の録音できるラジオには録音時の音が鳴ってしまうものがありますので注意しましょう。
5.語学学習用再生機能
語学学習用のレコーダーには、「再生速度調整」、「少し戻る」、「A-Bリピート再生」、「シャドーイング再生」などの機能がありますが、聞き取れなかったときに「少し戻る」は便利ですし、リスニング番組では「A-Bリピート再生」で繰り返し聴きましょう。またシャドーイングは英語学習に有効であるといわれています。シャドーイングについては、パナソニックのシャドーイング再生機能の説明ページを参照してください。

SONY ポータブルラジオレコーダー ICZ-R250TV(2014.10.18)


SONY ポータブルラジオレコーダー ICZ-R250TV は、名機 ICZ-R50 から ICZ-R51 へとマイナーバージョンアップ後を経て新しいモデルとして発売されました。AM/FMのラジオ放送だけではなく、ワンセグ放送も音声録音ができます。内臓充電池と単三電池4本の併用で16時間まで電源なしでも動作するので、家の中で持ち歩いて色々な場所で聴くのには便利です。フェライトバーアンテナが内臓されていますが、AMループアンテナも付属しています。また語学学習用機能としては、ディクテーション再生機能、デジタルピッチコントロール、A-Bリピート機能などがあります。SONYのサイトには「語学のラジオ」を使いこなす英会話学習法 というコンテンツが掲載されています。


Panasonic ラジオレコーダー RF-DR100-W(2012.9.14)


旧ナショナルクーガーから継承される18cm大型ジャイロアンテナが付いています。ジャイロアンテナが回転するのでAM放送を聴くために本体を動かす必要はありません。また他機種と異なりAMループアンテナが別売となっていることからもパナソニックのジャイロアンテナへの誇りを感じます。タイマー録音は最大20件まで設定でき、タイマー予約録音に必須の時報による時計修正機能もあります。語学学習用の機能としては、大きなつまみの再生速度調整、A-Bリピート、少し戻る、シャドーイング再生機能(シャドーイング体験はこちらから)などがあります。据え置き型ですが単二6本でも動作します。4GBの内臓メモリに70時間弱録音できますが、32GBのSDカードを購入すれば、600時間弱の録音ができますので、NHKラジオ講座の全番組を録音しても1年半分も録り貯めることができます。


パナソニック RF-DR100 レビュー

パナソニックRF-DR100の評価は「素晴らしい」の一言に尽きます。ラジオ録音機を検討した時点では、ソニーの ICZ-R51パナソニックの RF-DR100 かの二者択一しかありませんでした。価格的優位さとジャイロアンテナが付いているRF-DR100の方がAMラジオの受信感度が優れているのではないかと パナソニックの RF-DR100 を選びましたが、選択に間違いはありませんでした。

鉄骨の建物なので窓際の机の隅に置いていますが、ジャイロアンテナだけで十分な感度です。アンテナを窓と並行にすると受信感度が上がるのでジャイロアンテナを回転させ下の写真のような状態で設置しています。ソニーのICZ-R51であれば下図枠線のように本体の向きを変えることで調整しなければならなかったに違いありません。

RF-DR100_2

32GBのSDカードを購入してNHKラジオの英語講座の全番組をフォルダに分けてタイマー予約録音しています。テキストを購入して聴いているのは3講座ですが、それでも毎日聴くことがなかなかできずに数日分をまとめて聴いています。タイマー予約の設定で番組ごとにフォルダーを分けておくと、フォルダー単位に連続再生されるので、まとめ聴きに便利です。カレンダーから聴いていなかった最初の日にちを選択すれば、その後は同じ番組が最新の放送分まで連続して再生されます。

ひとつのフォルダーには99回分の録音ができます。しかし、エンジョイ・シンプル・イングリッシュを例にあげると半年で120回の放送がありますので、同じフォルダーには保存できません。その場合には、下表のまとめ放送を保存用として録音しておけば、全放送分が1フォルダーに録音できます。

録音した番組の再生は、ノイズキャンセリング機能と音質切り替えで「講座」を選択することにより英語の発音もクリアに聴けます。またスピーカーの出力が大きいので、机から離れていた場所でもはっきりと聴こえます。

OLYMPUS ICレコーダー機能付きラジオ録音機(アンテナステーション付属) PJ-30(2013.8.30)

通勤や通学時に聴くのであればポケットに収まるサイズが便利です。オリンパスはこの機種をPJ-10、PJ-20、そしてPJ-30と継続してバージョンアップしています。PJ-30ではラジオに加えてワンセグの音声受信・録音ができるようになったので、Eテレの英語講座も聴くことができます。録音するときには付属のクレードル型アンテナステーションに挿してAMループアンテナ、ワンセグ用の簡易アンテナを使って安定した録音をすることができます。また本体をアンテナステーションに挿すと付属のニッケル水素電池が充電されます。本体にもスピーカーが付いていますが、スピーカーで聴くのであれば、OLYMPUS ICレコーダー機能付きラジオ録音機(スピーカー付きアンテナステーション付属) PJ-35 をお勧めします。

※ 残念ながらオリンパスはラジオが録音できるICレコーダーの生産を中止してしまいました。(2018.2 追記)

OLYMPUS PJ-30 レビュー

昨年末に通勤時のお供にもと思いオリンパス PJ-30 を購入しました。しかし実際に使ってみると、録音するときにはアンテナステーションにに接続しなければならないので、毎日放送がある番組の録音と持ち運びの両立は難しいということに気が付きました。もともと毎日の放送はRF-DR100で録音しているので、PJ-30では土日にまとめて再放送をしている番組だけを録音して、平日の通勤時に前週分の復習として聴いています。そして週末は録音と充電のためにアンテナステーションに接続しています。

またAMラジオの受信感度は RF-DR100 と比べるとかなり劣ります。アンテナステーションにループアンテナ(写真右)を接続していますが、RF-DR100 と同位置での受信感度はいまひとつです。そのためループアンテナは窓の傍まで延ばして利用しています。

20131221_172107841_iOS

AM放送の受信感度には難ありですが、ワンセグの受信感度は、イヤフォンジャックに挿す簡易アンテナが優れもので、Eテレの英語講座をクリアに録音することができます。テレビ講座だけですが音声だけでも十分に理解できます。

20140126_170755435_iOS

【注意】PJ-30の連続した予約録音の不具合

PJ-30では土日にまとめて再放送している番組をタイマー予約録音して使っていると記載しましたが、その上で避けられない問題があります。PJ-30には機能的な欠陥があります。前の番組の終了時間と後の番組の開始時間が同じ場合、前の番組の最後の20秒が録音されません。

例えば、
英会話タイムトライアル 再放送:土曜日 午前7:00~7:50(5回分の再放送) と ワンポイント・ニュースで英会話 再放送:土曜日 午前7:50~8:15(月~金曜日の再放送)の両方を予約設定していると英会話タイムトライアルの録音時間は29分40秒となり、最後の20秒が欠落します。

上記の不具合についてオリンパスのカスタマーサポートにメールで問い合わせをしましたが、回答は以下の通りでした。
PJ-30は、予約録音の終了時刻と、他の予約録音の開始時刻が同じ場合、前の予約録音が設定時刻より早めに終了し、次の予約録音が開始されます。誠に恐縮ではございますが、上記につきましては、PJ-30の仕様でございまして、回避方法がない次第でございます。
そう、PJ-30の仕様だから仕方ないとのことです。しかし、パナソニックRF-DR100では連続した予約でもきちんと録音できています。がんばれオリンパス!

またオリンパスからの回答では、回避方法がないと書かれていましたが、予約録音の設定で7:00~8:15とすれば一応途切れずに録音はできました....。 

SONY ボータブルラジオレコーダー ICZ-R110(2018.1.27)


ICZ-R110は、2014年にICZ-R51 の携帯ラジオ版として発売された、ポータブルラジオレコーダー ICZ-R100 の後継機となります。ワイドFMに対応。さらに、内蔵ストレージメモリが8GBから16GBに増加されています。本体にも高密度フェライトバーアンテナが内蔵されていますが、スピーカー付きのクレードル接続時は、付属のAMループアンテナが利用できます。

時報に合わせて1日3回、設定時刻を修正する「自動時刻補正機能」、ラジオ受信時のノイズを抑えて再生する「ラジオノイズカット」機能も搭載され、語学学習用再生モードには、A-Bリピート、デジタルピッチコントロール、イージーサーチ機能がありますのでNHKラジオの英語講座を録音して勉強するのにも十分な機能です。(2018.2 追記)


おススメの聴講方法(まとめ)

NHKラジオの英語講座を聴くためのまとめです。
  • ラジオレコーダーを購入しよう
  • おススメは、パナソニック RF-DR100
  • 鉄筋の建物なら窓際設置は必須(本体 or ループアンテナ)
  • 携帯ラジオ型よりポータブルラジオタイプの方がよい
  • SDカードを購入して全番組を録音する
やっぱりラジオレコーダーによる聴講が最適です。しかし、AMラジオは住居環境によっては受信できないことがあります。鉄筋構造の建物であれば間違いなく窓の近くでないと受信できません。リスク回避のためにも受信性能がよい RF-DR100ICZ-R250TV をおススメします。値段も高く録音と持ち運びが両立できないという矛盾に陥ってしまうOLYMPUS PJ-30、SONY ICZ-R100のような携帯ラジオ型は移動時の聴講を重視するのでなければ推奨しません。

ラジオレコーダー購入時には、すべての番組をタイマー予約して録音するために 32GBのSDカード を一緒に購入しましょう。後から聴こうと思ったときには「時すでに遅し」です。とりあえず全番組を聴いて自分のお気に入りを見つけてください。

おまけ(2018年 NHKラジオ 英語番組表)

全番組のタイマー予約録音ができるように放送時間の一覧を掲載しておきますので設定時に活用してください(2018年度版に変更)。元ネタは、NHK語学番組 英語の番組 になります。
 
番組名
曜日
時間
基礎英語0
18:35 - 18:45
基礎英語1
月~金
06:00 - 06:15
基礎英語2
月~金
06:15 - 06:30
基礎英語3
月~金
06:30 - 06:45
ラジオ英会話
月~金
06:45 - 07:00
英会話タイムトライアル
月~金
08:30 - 08:40
Enjoy Simple English
月~金
09:10 - 09:15
入門ビジネス英語
月、火
09:15 - 09:30
遠山顕の英会話楽習
月、火、水
10:30 - 10:45
高校生からはじめる現代英語
火、水
18:30 - 18:45
実践ビジネス英語
水、木、金
09:15 - 09:30

もうひとつの一覧は「まとめの放送」をしている番組です。まとめ放送は土日なので、ソニー ICZ-R100 を使う場合には、土日に録音、平日の移動時間で学習ができます。
 
番組名
曜日
時間
ラジオ英会話
16:30 - 17:45
英会話タイムトライアル
07:00 - 07:50
Enjoy Simple English
09:05 - 09:30
入門ビジネス英語
10:30 - 11:00
遠山顕の英会話楽習
21:00 - 21:45
高校生からはじめる現代英語
10:25 – 10:55
実践ビジネス英語
11:00 – 11:45

関連記事


コメントを投稿