2020年3月29日日曜日

バタフライボード Notes(ノーツ)は手帳型ホワイトボードではない!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Hello, idea バタフライボード Notes ノーツ wz ITOYA 110

バタフライボードから発売された notes(ノーツ)by BUTTERFLY BOARD、気にはなっていたのですが、¥6,930と、ちょっと高い、、、。普段、手帳として持ち歩いてるトラベラーズノートも、まだ現役で頑張ってくれています。

トラベラーズノート

またメモ帳型ホワイトボード、nu board (ヌーボード) 新書判 FME(ファインマーカーエディション)もデイバッグの中に。しかも、いつからか肥やしと化している、、、。

nu board (ヌーボード) 新書判 FME(ファインマーカーエディション)

と、悩んだものの、やっぱり、ポチりと購入。

Notes ノーツ は 手帳型ホワイトボードではない

バタフライボード Notes ノーツ

バタフライボードについては、バタフライボードは、not only ホワイトボード but also ノートブック | 象と散歩 でも書いていますが、コンセプトは、持ち運べるプライベートホワイトボードです。しかし、Notes ノーツは、更に小型化したホワイトボードではありません。大きな違いは、ホワイトボードマーカーではなく、フィリクションボールペンを利用するところです。

フィリクションボールペンは、熱で消去できるインクが使われていますが、Notes ノーツに書いたものは、水ですべてを洗い流してくれます。また、部分消去であれば、フィリクションのラバー消しゴムも使えます。

一方、上で紹介した nu board (ヌーボード) 新書判 FME もリライタブルなメモ帳です。notes(ノーツ)は、メモ用紙のイノベーションですが、こちらは、ホワイトボードマーカーのイノベーションです。小さなホワイトボードに適応した細いペン先と、消せるけど消えにくいというホワイトボードマーカによってサスティナブル手帳を実現しています。

nu board 新書判 FME

縦にページをめくるというスタイルも好きでしたが、ゴムバンドが邪魔で、「書きづらい」というメモ帳として致命的な欠点と、耐久性にも難があり、最近ではすっかり使わなくなってしまいました。

notes(ノーツ)の使い勝手

notes(ノーツ)は、5枚のシンセティックペーパーと表紙(カバー)から構成されています。バラバラにして使えるというのは、思考の整理、まとめなどにも便利です。システム手帳のリフィルも同じですが、マグネット式なのでもっと手軽に組み替えられます。

バタフライボード Notes ノーツ の構成

手帳のサイズといえば、

  • A6 文庫本サイズ 105mm×148mm
  • B6 単行本サイズ 128mm×182mm

などが、馴染みのサイズですが、Notes ノーツのサイズは記載がなかったので測ってみると、

  • 85mm×170mm(カバー)
  • 84mm×164mm(ペーパー)、

と、三五判(サンゴバン)サイズ 84 mm × 148 mmより、ちょっとスリムでノッポです。片手に持てるサイズで、横書きにしてもいい感じで使えます。

バタフライボード Notes ノーツ 横書き


notes(ノーツ)のメモをデジタル保存

notes(ノーツ)は、

  • 反射しないマット仕上げ
  • エッジの検出しやすさ

という特徴から、適当なスキャナアプリを使えば、簡単にそして綺麗にデジタル保存できます。

下の画像は、Microsoft Office Lens で画像保存したものです。無料で使える便利なアプリですが、解像度がちょと粗いです。

Notes ノーツ を Microsoft Office Lensでスキャン

400x400bb

そして、こちらが、ターボスキャンプロ - Piksoft Inc.で画像として保存したものです。有料アプリですが、台形補正もできるので重宝しています。比較すると美しさの差は歴然です。

Notes ノーツ をターボスキャンプロでスキャン

400x400bb


筆記用具にもこだわりたい

notes(ノーツ)by BUTTERFLY BOARD は、メモ帳としての完成度は非常に高いのですが、付属のフリクションボールペン(0.4mm)は、イケていません。これでは、書くという作業において気分が高まりません。

しかし、既製品のフィリクションボールペンが使えるということは、自分で筆記用具を選択できるということです。また、リフィルがマッチするのであれば、別なボールペンも使えます。

ITOYA 110(イトーヤ ワンテン)

ITOYA 110(イトーヤ ワンテン)は、デザイン性と書きやすさの両面を満たしてくれるフィリクションボールペンです。シンプルなデザインは notes(ノーツ)にもフィットします。また、ペンホルダーにもピッタリです。

バタフライボード Notes ノーツ のケース


0.7mm、1.0mm は書きやすく視認性を高める

notes(ノーツ)のシンセティックペーパーの書き心地は決して悪いものではありません。しかし、紙のノートと比べると表面がすべる感じで、付属の0.4mmでは、時折、文字が擦れてしまいます。もともと太いペンが好きということもあり、ITOYA 110 には、フリクションのリフィル0.7mmを装着しています。

ITOYO 110(イトーヤ ワンテン)

上の画像の木軸のボールペンは、FRIXIONのリフィルが使えるので、こちらには2018年にラインナップに加えられた 1.0mm のブルーブラックを装着しています。1.0mm だと更に視認性の高い文字が書けます。(上の画像の文字は1.0mmで書いたものです)

note by BUTTERFLY BOARD と ITOYA 110 であなたの記録を記憶に変えましょう!


アクセス上位(過去30日間)