2009年9月9日水曜日

Excel VBA でアンケートデータ入力フォーム【その2】

このエントリーをはてなブックマークに追加
【その2】では実際にExcel2007でフォームを作成していきます。

Excel VBAでアンケートデータ入力フォームからの続きです。



参考にしたのは下記の書籍です。

仕事に役立つExcelVBA業務活用編 (Excel徹底活用シリーズ)
著者: 西沢 夢路
出版社:  ソフトバンククリエイティブ
発売日: 2008/8/27
価格: 2,604円(税込み)

CHAPTER 06 「ユーザーフォーム」のテクニックに今回作成したいことの内容が掲載されていました。サンプルを見ても何をやっているかわからない部分については、コードから逆引きをして調べました。





Visual Basic Editorの起動

[開発] タブの [Visual Basic] をクリックします。

ユーザーフォームの作成

Visual Basic Editor で [挿入] メニューの [ユーザー フォーム] をクリックします。



ユーザーフォームの初期値は、UserForm1となっています。フォームの名前、動作などを変更するには、左下のプロパティ ウィンドウを使用します。

1.Captionはタイトル設定です。『UserForm1』を『データ入力フォーム』に変更します。
2.オブジェクト名を『UserForm1』から『Enquate』に変更します。


後は、必要なパーツをツールボックスから選んでフォーム上に並べていきます。


プロパティを変更するには、配置したオブジェクトを選択して右クリックでプロパティを選択します。


今回作成するアンケートデータ入力フォームに必要なオブジェクトは下記になります。

設問  コントロール  (オブジェクト名)  cpation  その他 
タイトル  ラベル  Label_Title  アンケートデータ入力 
ID No.  ラベル  Label_IdNo  ID No. 
テキスト ボックス  ID_No  -  ※1 Enabled=False 
Q1  ラベル  Label_Q1  Q1 MAサンプル 
チェック ボックス  Q1_1  選択肢1 
チェック ボックス  Q1_2  選択肢2 
チェック ボックス  Q1_3  選択肢3 
Q2  ラベル  Label_Q2  Q2 SAサンプル 
フレーム  Q2_Frame  ※2
オプション ボタン  Q2_1  選択肢1 
オプション ボタン  Q2_2  選択肢2 
オプション ボタン  Q2_3  選択肢3 
Q3  ラベル  Label_Q3  Q3 SA(コンボボックス)サンプル 
コンボ ボックス  Q3  - 
Q4  ラベル  Label_Q4  Q3 FAサンプル 
テキスト ボックス  Q4  -  ※3 IMEMode=4-fmIMEModeHiragana 
登録  コマンド ボタン  登録  登録 
終了  コマンド ボタン  終了  終了 

※1 ID No.は自動的に付与するために手入力を不可にするためにEnabledをFalseに設定します。


※2 フレームの中に複数のオプションボタンを配置すると、ひとつしかチェックできなくなります。


※3 FAの入力を容易にするためにIMEをONにします。

入力フォームの完成



これで入力フォームは完成です。しかしこれだけでは何も動きません。

次回はロジックを追加していきます。

今日の一曲


初めてブルガリアン・ヴォイスを聴いたときは衝撃を受けました。西洋音階と異なる倍音で構成される不協和音。ライブで聴いたときは、全身の毛穴が開き鳥肌がずっと治まりませんでした。Le Mystere Des Voix bulgares(神秘の声)は一番最初に買ったアルバムです。なかなか一曲には絞れませんが、一番最初に聴いたいうこともあり1曲目の『Pilentze pee』をお勧めします。ブルガリアの民族音楽を耳にしたことがない方は是非聴いてみてください。

Le Mystere Des Voix blugares
Pilentze pee

関連記事


コメントを投稿