2009年9月2日水曜日

WiiインターネットチャンネルがFlash8に対応

このエントリーをはてなブックマークに追加
最近、『パーソナルトレーナー Wii』のトレーニングをサボってしまっていたので、9月から再開と久しぶりにWiiの電源を入れたら、伝言板にインターネットチャネルの更新案内が掲載されていました。


Adobe Flashが、Flash 7からFlash Lite3.1(Flash 8相当)にバージョンアップされ、Flash動画の閲覧範囲が広がりました。早速ダウンロードして、試しにNHKニュースを再生してみましたが問題なく再生できます。

任天堂のニュースリリースをサイトで見ると、岩田社長の10分にも及ぶ動画もアップされています。ニュースリリースの内容は下記の2点です。(詳細は、ニュースリリース:2009年9月1日を参照)

1)インターネットチャンネルの無償化
2)手助けマイスター(手助けポイントキャンペーン)

昨今、ネットでの動画閲覧者が多いということからAdobe Flashのバージョンアップによる利便性向上、ブラウザ(インターネットチャンネル)の無償化、そして導入介助と紹介キャンペーンを兼ねた手助けマイスターという多方向からWiiのネット接続の拡大を推進しています。

「Wiiの間」、「マックでDS」とDS、Wiiとネットを通してのサービスに力を入れ始めた任天堂ですが、動画の中でも岩田社長は「無償化はWiiをインターネットに接続してもらうきっかけ」とするためと明言しています。

ネットサービスを展開する上では、Wiiがネットに接続されていることが前提となります。ブラウザのダウンロードで500円を課金するより、ネットに接続してもらうためのきっかけと捉えた方が確かに健全です。

リビングにあるテレビで家族でのネットサーフィンは結構便利だったりします。旅行の計画時だとか、調べものとか。また現時点ではアクトビラよりもWiiの方が操作性で勝っています。無償化によって接続数が増えれば、現在ではまだまだ少ないWii専用サイトが多くなってくるのではないでしょうか。テレビでネット接続する上では10FeetUI(離れた場所からみることを前提としたユーザーインターフェース)が結構重要だったりします。

任天堂 “驚き”を生む方程式

先日、『任天堂“驚き”を生む方程式』をいう本を読んでいました。

山内 溥・横井 軍平から岩田 聡・宮本 茂という変遷の中で一貫して変わらない任天堂イズムというものは、ゲームという事業ドメインを堅持した誰もが楽しめる娯楽原理主義であることが伺えます。そして次なる目標はネットワークを活用した娯楽とあります。

内容的には新書レベルですが、あまり情報が公開されない任天堂について取材ベースで書かれているという価値なのでしょう。

「アイデアが枯渇して何をしたらいいのかわからなくなったらやめなければならない。」という山内氏の言葉は経営者としての強い思いを感じました。

任天堂 “驚き”を生む方程式
著者: 井上 理
出版社:  日本経済新聞出版社
発売日: 2009/05/12
価格: 1,785円(税込み)

関連記事


コメントを投稿