2011年8月14日日曜日

AirPlayな生活(AirMac Express)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

先日、アップルストアでAirMac Expressを物欲の神様に導かれるままに購入してしまいました。きっかけは、Apple TVを最近活用するようになってから音楽やネットラジオもAirPlayで聴けたらもっと便利になるのにと感じていたからです。勿論、スピーカーコードを接続すれば、外部スピーカーから音を出すことはできますが、有線接続から解き放たれユビキタスな環境に焦がれてしまいます。

“人間は、文明の機器により、より怠惰になっていくのです。”

勿論、音声だけでApple TVを利用することも可能ではあるのですが、設置してあるのがリビングなので自室では使えません。また音楽を聴くのにテレビを付けるというのにはどうも抵抗があります。

ベットで寝転びながらiPadをいじって、バックグランドで流す音楽がより高音質で聴けたり、iPadの画面で動画を観るにしても、外部スピーカーから音が流れたら素敵ではないかと思ったわけです。

「AirPlay Speakers」でググって探しているとiHomeのAirPlayワイヤレス・スピーカーシステム『iW1』が見つかりました。外見もシンプルで外部入力もありと記載されています。かなり、いい感じですが、残念ながら未だ発売されおらず、発売時期も具体的には記載されていませんでした。(発売されました!)

 



JBLからは、AirPlay対応のスピーカーが発売されています。しかしデザインが個人的な趣向とはかけ離れています。やはりスピーカーは箱型でシンプルなものが好きです。この円形フォルムには馴染めそうにありません。値段もそれなりにします...。

そもそも現在、外部スピーカーとしても利用しているSony VGF-WA1があるので、できればこれを有効活用したいです。

で、たどり着いたのが、

本家アップルから発売されていたAirMac Expressでした。WiFiステーションとしての機能にプリンターや外部スピーカーを接続でき、AirPlayで音を飛ばせることができるナイスな代物です。

外見は一昔前前のiPodの電源をひとまわり大きくした感じで、筐体に電源プラグや必要なジャック類が付いています。音声出力はステレオミニプラグなので、接続するオーディオ機器に合わせたケーブルが必要となります。

設定は、AirMac Expressを電源に差し込んで、付属のCDに収納されているAirMacユーティリティでWindows環境でも簡単に行えました。既存の無線LAN環境にも接続することもできますが、高速無線LAN規格であるIEEE 802.11nに対応しているので、WiFiルーターとLANケーブルで接続してみましたが、ブリッジ接続も自動認識してくれ、設定は非常に簡単でした。

 
勿論、有線で接続する機器がないのであればWiFiステーションとしても活用できます。


早速、iPadでAirPlayを使って音楽を聴いてみます。スピーカの設定でAirMac Expressを選択すると、これはとても素敵な環境です。


またiTunesにも対応しているので、Windows環境でもAirMac Expressを堪能できます。ノートPCで試してみました、iTunesのスピーカーの選択でAirMac Expressを選択すれば、有線接続無しで外部スピーカーから音が出せます。iTunes以外でも使えれば更に便利になるのですが。


ラジオなiPhone、iPad

iPodは全ての音楽を保有できる最高のデバイスでしたが、iPod Touch以降、ディスク容量的に保有する全ての音楽を入れることができなくなりました。聴きたい曲を都度コピーするという作業もクラウド環境でできればもっと便利になるのですが...。

但し、持ち歩く楽曲数が少なくなった分は、インターネットラジオの利用で補うことができますし、新しい世界への入り口にもなります。

自身もiPhoneとiPadにも音楽を聴くためにネットラジオ系のiOSアプリを幾つかインストールしていますが、ネットラジオ系のアプリとしては、幾つかの大切な要素があると感じています。

0)高音質である
1)お気に入りの曲を記録できる
2)購入への導線がある
3)シェアできる

では、ないかと思います。

Suono Dolce

Suono Dolce(スォーノ・ドルチェ)とは、Wikiペディアには、
Suono Dolce(スォーノ・ドルチェ)はニッポン放送が制作する、デジタルラジオ推進協会 東京実用化試験局のサービス。
とあります。また本家サイトでは、
丸の内発 ラブソングステーション Suono Dolce(スォーノ・ドルチェ)Suono Dolce とはイタリア語で“Sweet Sound”の意味です。
このステーションでは、あらゆる音楽ジャンルやアーティスト甘いラブソングを一日中お届けします。

日本のビジネスの最先端でありつつ、エンターテイメントや文化施設も充実している"東京・丸の内"から、一日中甘く切ないラブソングをお届けするラブソングステーションSuono Dolce。

オフィスでの「AT WORK」から「OFF WORK」までの1日をSuono Dolceがラブソングと最新の丸の内情報で彩ります。
と、紹介されています。ラブソングが中心ということもありBGMとして流れていても疎ましくありません。また自分にとっては普段聴かないような曲も多く新しい発見があります。

Suono DolceはiPhoneアプリでも提供されています。無料版もありますが、音質が制限されていますので、有料のプレミアム版がお薦めです。¥350の価値は十二分にあると思います。

前述したネットラジオアプリとしての『記録する』、『シェアする』、『購入する』という要素にも対応しています。『購入する』では、iTunesとAmazonに対応し、発売されているものしか表示されないところが、何気に気が利いています。
 


またLyricaに歌詞が登録されている場合は、歌詞を閲覧することもできます。


今日の一曲

もうひとつのAirPlayな環境であるApple TVで『ノルウェイの森』を観ました。バックに流れるのはビートルズのラバー・ソウルに収録されている 『ノルウェーの森』ですが、ヘレン・メリル・シングス・ビートルズ『ノルウェーの森』も、とても素敵です。アルバムは全曲ビートルズのカバーですが、ヘレンメリルが歌うとヘレン・メリルの曲となってしまうのが不思議です。ニューヨークのため息と称される彼女にはやはり叙情的な歌がとてもよく似合います。