2008年7月26日土曜日

エリアマーケティング

このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ
IPアドレスによる地域判定


ここ1ヶ月ぐらいで広告系に関連するエリアマーケティングのニュースが2件ありました。何れもIPアドレスからの地域判定です。

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)は6月27日、米Digital Enovyが提供する、IPアドレスを利用した位置情報判別サービス「Digital Element NetAcuity」を日本独占販売することに合意したと発表した。(CNET Japan)

JWordは7月15日、配信地域限定型の検索連動広告の新サービス「ご当地ワード」を発表した。ご当地ワードは、ユーザーが検索サービスにアクセスする際、サイバーエリアリサーチのIPデータベース「SURFPOINT」を元に都道府県を判定。都道府県単位にターゲットを絞って配信できるキーワード広告だ。 (CNET Japan)

「Digital Element NetAcuity」では市区町村レベルまで特定することができるとありましたが、サイバーエリアサーチの「SURFPOINT」もV2.0で市区町村まで対応するとサイト上で掲載されています。

広告系でいえば、Overture(オーバーチュア)やAdwords(アドワーズ)にも地域配信という機能が実装されているようですが、どこのデータを使用しているかは不明です。

確かに広告を配信する場合、必要な地域だけに限定できるとコストの抑制だけではなく、広告を見る側から考えても自分に必要な情報が表示されている方が便利だし、CTRCVRの向上に貢献するかもしれません。

広告系だけではなく、自社サイトで考えてみても、アクセスした人の地域判定ができれば、顧客情報を保有していなくてもエリアマーケティングが可能になります。近くの店舗の案内や、特定の店舗でのキャンペーン、商品訴求も有効かもしれませんし、。ECサイトであれば配送料金や配送日数の表示も可能となります。また売れ筋ランキングなども自分の対象地域で表示された方がより興味をもつことになり、直帰率を低減させることもできるのではないでしょうか。また検索エンジンからのランディングページ上で地域別に内容を変えることも考えられます。

IPアドレスからの判定だと大手企業の場合は、アクセスポイントが集約されてしまっている可能性はありますが、家庭からのプロバイダー経由のアクセスであれば、地域判定は有効なツールではないでしょうか。「Digital Element NetAcuity」の詳細はわかりませんが、「SURFPOINT」では
信頼度の判定もあるようです。信頼度が低いものであれば、デフォルトコンテンツの表示とできれば誤判定を気にする必要もなくなります。

この地域判定、ログ解析ツールやLPOツール、CMSといったツールと組み合わせるとことにより、地域によるアクセス上位コンテンツや導線の違い、文言や画像によるCTRの差異などを検証することも可能になります。

そういえば、Google Analyticsでも国/地域の情報を参照することができますが、これはどこのデータを使用しているでしょうか。

2008年7月25日金曜日

沖縄の「おうちで抹茶」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ
ダイソーの茶道具コーナー

出張で沖縄に行きました。宿泊したおもろまちのホテルの近くにダイソーがあり、仕事まで時間があったので、ちょっとのぞいてみることに。(何で沖縄まで行ってダイソー!?)

店内をぐるっとひとまわりすると、食器などを扱っている一角に茶道具が置いてあるではありませんか。「おうちで抹茶」とネーミングもなかなかいけてます。「茶筒」(竹製)と「野点セット」をお土産に購入。何れも315円(税込み)。しかも「野点セット」は、茶筅と茶杓のセットになっています。

しかしなぜ野点?
野点:野外で茶をたてること。また、その茶の湯。(広辞苑)

「携帯に便利です。」というキャッチもプリントされています。確かに一般的な茶筅と比べればサイズが小さいので野点用なのかもしれませんが、そこまで厳密にならなくてもいいのではないでしょうか。「おうちで抹茶」という手軽さとは相反するし、野点をするような人がダイソーで茶道具を購入するとも思えません。それとも茶室以外でお茶を点てるから野点?また同コーナーに柄杓もありましたが、手軽に抹茶を楽しめというのに釜で湯をわかすの?色々と疑問がわきます。ネーミングと商品コンセプトがいまひとつアンマッチです。

もしかして、抹茶茶碗も置いてあったりするのかと辺りを探してみましたが、見つかりませんでした。「おうちで抹茶」折角いいネーミングなのになぁ。お茶屋さんでは、入門セットとかいって、茶碗、茶筅、茶杓、抹茶がセットになって売られていますが、「おうちで抹茶」はそういうコンセプトではないのでしょうか。少なくとも抹茶と茶碗があれば、それこそ手軽にお抹茶を楽しめるのに。

2008年7月21日月曜日

Hario カフェプレス・スリム

このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ
珈琲プレス器



かっぱ橋のユニオンで珈琲用具を見ていたら珈琲プレスなるものが目につきました。



お店のおじさんに珈琲も紅茶と同じようにプレスして飲むの?と訪ねると「おフランスではそうやって飲むらしいよ」と。おそ松くんのイヤミの世界です。



「開けて見ていいよ」といわれ、ガラスのショーウィンドの中に無造作に並べられた珈琲プレスを見る。これいい感じと手に取ろうとしたけど、正札を見て躊躇。



安価なものだと見た目がカワイクない。別段、珈琲プレスを買いにきたわけでもないので、また今度ねと思いかけたときに、目に留まったのが、HARIO(ハリオ)のカフェプレス・スリム。見た感じも悪くないし、何よりもお値段が1,680円と控えめです。



『シェーー!! これください。ザンス。』



帰宅して早速珈琲を淹れてみました。ガラス容器の周りに珈琲の淹れ方が印刷されています。とても簡単で美味しくいただけました。ただ、ゆっくりとプレスしてもどうしても粉が混じってしまうようで、もう少し粗く挽いた豆の方がよさげです。



しかし悲しい習性かな、折角、満足して買ったものでも、ついネットで価格を調べてしまいます。Amzonで同価なのを見て、ホッと一息。



珈琲の飲み方と言えば、平日はペーパードリップで、休日はエスプレッソを飲んでいます。エスプレッソがなぜ休日だけかといえば、エスプレッソマシーンの洗浄が面倒だから。最初の一杯はストレートで飲んで、二杯目はデズニーランドのお土産でもらったMILK FOAMER(手動ポンプ式)に少量の牛乳と砂糖を入れて電子レンジでチンしてからシュコシュコと泡立てて珈琲にのせます(美味)。エスプレッソマシーンにもミルクフォーマが付属していますが、シュコシュコの方が美味しく泡立ちます。



これからはプレスも平日のカフェタイムの仲間入りです。

2008年7月19日土曜日

NPS:Net Promoter Score

このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

ネット・プロモーター・スコアー

NPS(Net Promoter Score)とは顧客のロイヤリティを測る指標です。


顧客ロイヤルティを知る「究極の質問」 (HARVARD BUSINESS SCHOOL PRESS)顧客ロイヤルティを知る「究極の質問」 (HARVARD BUSINESS SCHOOL PRESS)
フレッド・ライクヘルド 鈴木 泰雄 堀 新太郎

ランダムハウス講談社 2006-09-27
売り上げランキング : 58331

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Wikipedia:Net Promoter Scoreにも記載されていますが、フレデリック・ライクヘルド著の『顧客ロイヤルティを知る「究極の質問」』を読んでみてください。彼は書の中で、これまでの顧客満足度調査では不十分あり、「究極の質問」ひとつでいいと述べています。

その究極の質問とは、下記のような質問です。

○○を友人や同僚に勧めますか?(○○は商品やサービス)
0-10の範囲で回答して下さい。
(0は、絶対に推薦しない。10は、絶対に推薦したい)

この11段階の回答を

9-10 をプロモーター(推奨者)
7-8 をニュートラル(中立)
0-6 をデトラクター(批判者)

に分類して、回答件数を比率にします。そして、推奨者から批判者の比率を減算したものが、ネットプロモータースコアー(NPS)です。つまり、30%が推奨者で、20%が批判者であれば、NPSは10%となります。もし推奨者が20%で批判者が30%であれば、NPSは-10%となります。

非常にシンプルな求め方ですが、アンケート解析では、「満足している人」と「不満を持っている人」を対象に解析することが基本です。

但し、アンケート調査などで、そのまま適用できるかどうかについては、検証が必要だと思います。ある商品やサービスを推薦できるかという質問を11段階で回答してもらうことは難しいと思います。(回答者になって考えてみると9と8の違い、7と6の違いは人によって捉え方が違います。)

また日本人の中庸性を考えるとNPSは辛口の評価になってしまうかもしれません。しかし、間隔尺度でないアンケートの回答に対して無理矢理平均点をだすのに疑問を感じている方は検討してみてはどうでしょうか。

次回以降はもう少し顧客満足度調査について考えていきたいと思います。

※ Net Promoter Score、及びNPSは、ベイン・アンド・カンパニー、フレッド・ライクヘルド、サトメトリックス・システムズの商標です。

2008年7月16日水曜日

ゲームで遊ぶ

このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ
たかがゲーム、されどゲーム。
戦略的思考を身につけましょう。


iPodでチェスを楽しむ

Gameloftから発売されているチェスマスターをiPod用にした Chess & Backgammon Classic 、iTunes SotreのiPod Gamesで購入できます。600円という値段の割には高機能で、iPodで音楽を聴きながらクリックホールで手軽にチェスを楽しめます。

駒の動かし方は将棋と同じなのでルールは簡単。猿人レベル(ネーミングが凄い)から9段階あり、ヘルプ機能を使いながらチェスの定石も覚えることもできます。3Dモードは見栄えは格好いいのですが、駒が重なって少し見づらいのが難点ですが、お勧めの逸品です。


Wiiで囲碁を楽しむ

子供の頃に父が囲碁版の前で考えている姿が脳裏にあって、何となくやって見たかったのが囲碁。でもルールがわかりません(悲)。

Wiiウェアで最強銀星囲碁が500ポイントだったので思わず購入。

ゲームを実際にやってみたものの、まるでルールが理解できない....。

囲碁って何さ?

"囲碁 ルール"でググってみたところ「インタラクティブ囲碁入門」がヒット。

実際に打ちながら囲碁のルールと基本的なテクニックを学ぶことができます。

と謳い文句にあるように手軽に最初の一歩を踏み出すことができました。
素晴らしくよくできているサイトです。関西棋院の方々ありがとうございます。
やっとゲームができるようになりました。

ところで、この銀星シリーズ、8月にはチェスも発売されるようなので楽しみです。

2008年7月6日日曜日

7月といえばノコギリクワガタ

このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ

ノコギリクワガタの採取

子供がクワガタムシやカブトムシに興味を覚えた数年前から、数十年ぶりにまた昆虫採集に行くようになりました。東京に住んでいてもまだまだ自然は身近にもあります。とはいってもクワガタの採取には八王子近郊まで足を伸ばします。遠くにでかけるので、ただ闇雲に森林を探索するのも効率が悪いので自分なりに工夫をしています。

【事前準備】
1.日中にクヌギやコナラの雑木林を散策して樹液の出ている樹を探す。(最初だけ)
2.クワガタムシの活動は夜間。
3.子供と深夜森に入るのは危険も伴うのでなるべく道路から近い樹を探す。
  近くに外灯があるのもポイント。
4.樹液に集まるノコギリクワガタはペアでいる。(効率よく採取ができる)
5.持ち物は、虫除けスプレー、懐中電灯、ピンセット、シャベル

そして最も大事なのは時期です。子供の時の経験からこの時期を見極めるようになりましたが、夏休み時期になるとカブトムシが台頭します。また誰もが虫取りを始め、大敵のスズメバチも樹液の周りに集まってきます。ノコギリクワガタは今の時期7月の初旬から中旬までに採取すべきです。特に梅雨が明ける前は、樹液がでている木がまだ少ないため、樹液が出ている木にはたくさん集まっています。

ということで、子供は夕方から寝かせて22時頃に起こしました。

22時半に自宅を出発。首都高が工事中で時間がかかって、23時45分現地到着。昨年一番樹液がでていた3本の樹を順番にチェック。1本目の樹はまだ樹液があまり出ていませんでしたが、コクワガタが数匹樹液に群がっていました。今回はノコギリクワガタ目的なのでそっとその場を離れ、2本目に移動。

2本目の木は住宅街の近くにあるコナラの大木です。近くに寄ると樹液の臭い。懐中電灯で照らすと思った通りたくさんのノコギリクワガタが樹液に集まっていました。殆どが雌の上に雄が覆い被さっているので容易にペアで採取できます。自己顕示欲なのか雌を守っているのかはわからないけど、世の男どももかくありたいですね。子供は大喜びです。

大木の裏側に回ると更に数匹のノコギリクワガタと多数のコクワガタを発見。懐中電灯で樹の上を照らすと雄のノコギリクワガタが2匹張り付いていました。子供とビーム光線といいながら懐中電灯の明かりを当てているとポトリと下に。シャベルで付近の葉っぱを払うと落ちたのは雄なのに雌を2匹捕獲。

3本目のクヌギの木に移動。しかし樹液は少量でコクワガタしかいませんでした。

本日の収穫は以上で終了です。所要時間は40分。(移動時間の方が長い...。)
収穫は、ノコギリクワガタ 雄 7匹、雌 7匹。(自宅で飼育するには十分な個数です)

無理矢理だけど、マーケティングもこの準備と時期を逃すとうまくいきません。とくにタイミングは大事ですよね。仕事でもこう、うまく事が運べばいいのですが(合掌)。

2008年7月2日水曜日

東海道新幹線で無線LAN

このエントリーをはてなブックマークに追加 Evernoteにクリップ
何かと露出の多い東海道新幹線N700系。

今度は来春から車内で無線LANが利用できるとのことです。新聞の紙面上では接続速度が記載されていませんでしたが、JR東海のニュースリリース(http://jr-central.co.jp/news/release/nws000133.html)には、

「 回線速度は2メガであり、これは動画の閲覧までご利用いただける速度ではありませんが、 メールやWEB(ウェブ)の閲覧等のビジネスユースには充分お応えできる速度となっています。」

とあります。いままでモバイル環境で繋げていてもトンネル通過の度に悲しい目にあっていたことを考えれば、常時接続可能というだけでもありがたいです。N700系にはコンセントも常設されているようなので、往路でメールチェック、復路では報告書の作成と送付までできてしまうではありませんか。いと悲し。

このN700系戦略、明らかにビジネスマンをターゲットにしていて、近距離の飛行機利用を払拭しようとしているように思えます。ECO出張では、競合の航空会社と比べてCO2排出量が1/10と謳っています。この比較も東京-大阪区間です。

一方迎え撃つ航空会社は、新運賃としての価格競争、ファーストクラス提供などでの差別化、キャンペーンなどで対抗。最近はチェックインも必要なくなったり、利便性も向上されていますが、空港までの移動時間を考えると時間的優位性も短距離路線では明確ではありません。

でも、新幹線と飛行機では乗るまでの時間の使い方が異なると思います。新幹線を利用する場合は、乗り継ぎ案内で最短で行けるように移動をします。なので、新幹線での無線LANサービスはとてもありがたいです。一方、飛行機の場合は、乗り遅れると困るというのもあり、早めに空港に着いて珈琲でも飲みながら搭乗前にメールチェックなどをします。そして乗っているときはなるべくゆったりと寛ぐようにしています。個人的な差かも知れませんが、利用者の立場からすると同じ移動手段として捉えていないように思えるのですが....。
その違いをうまく利用できているのが新幹線ではないかと思いました。